ワンちゃんについて

2024.5.31

猫や犬を保護した際に取るべき行動は?! 愛心訪問ペット葬祭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 安全を確保する

 安全な場所に移動:まず、動物を安全な場所に移動します。道路や他の危険がある場所から避難させてください。

 他の動物や人間に対しての安全:動物が驚いて攻撃的になることがありますので、慎重に扱います。手袋などを使用すると良いでしょう。

 

  1. 健康状態を確認する

 健康チェック:動物の健康状態を確認します。お腹がすいている事がほとんどですので、栄養のあるエサや水をあげたり、怪我や病気の兆候がある場合は、できるだけ早く動物病院に連れて行ってください。

 

  1. 一時的な居場所を提供する

 一時的な居場所:家の中の静かな場所に一時的に保護します。水と食べ物を提供し、安心できる環境を整えます。

 

  1. 飼い主を探す

 迷い動物か確認:首輪やタグがあるか確認します。連絡先が記載されている場合は、すぐに連絡を取ります。

 ポスタやSNSで情報発信:迷子の動物情報をSNSや地域の掲示板に投稿します。写真と発見場所の詳細を共有すると良いです。

 

  1. 地域の動物保護団体に連絡

 動物保護団体:地域の動物保護団体に連絡します。保護団体は迷い動物の捜索や適切なケアに関するサポートを提供してくれます。

 

  1. 新しい飼い主を探す

 譲渡会やSNSを活用:元の飼い主が見つからない場合、新しい飼い主を探します。譲渡会やSNSを利用すると良いでしょう。

 里親の審査:新しい飼い主に引き渡す前に、里親の適正を確認します。家庭環境や動物のケア能力を確認することが重要です。

 

  1. 継続的なサポート

 継続的なケア:新しい飼い主に引き渡した後も、動物の状態をチェックするためにフォロアップを行います。

これらのステップを踏むことで、保護した猫や犬が安全で健康な生活を送るための手助けができます。産まれてきた命、大切にしたいですよね

 

兵庫県、但馬、京都府、丹後、鳥取市のペット火葬、ペット葬儀は
愛心訪問ペット葬祭(兵庫県養父市)にご用命ください。
フリーダイヤル 0120-624-222
営業時間:8時30分~19時まで受付(19時以降の火葬可能)
料金など詳しくはこちらのページをご覧ください。